×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

ガラナとは

ガラナとは

ガラナとは南米アマゾン川流域に自生し、ブラジルでは一般的で愛用されている植物です。12~20m程まで成長し、赤くて小さな実をつけます。実が熟するとはじけ、中から現れる黒い種に数多くの効能が発見されています。

ガラナは昔からブラジルのインディオ(原住民)たちに不老不死の源として利用されてきました。

名前の由来ともなった長寿で勇敢な南米インディヘナの部族として知られるガラニス族は、種を乾燥させ煎り水と混ぜたペーストを、薬品のほか様々な食べ物や飲み物の原料として使ってきました。

もともとガラナが浸透していたブラジルでは現在も国民的に人気の飲料などとなっていますが、日本でも北海道でのみ、炭酸入りのガラナ飲料が根づいています。

これはコーラに対抗して全国で発売したガラナ飲料がコーラの普及であまり浸透しなかったことに対して、北海道だけはコーラの導入が全国に較べ3年遅れたため、ガラナ飲料が定着する時間的余裕が生まれたというのが理由です。

ガラナのコーヒー豆くらいの種子から抽出したエキスには、ガラニンというカフェインの一種や、タンニン、テオブロミンなどさまざまな有効成分が豊富に含まれています。

16世紀にはヨーロッパにも伝わり、1958年までに世界でも商品化されましたが、その後さまざまな健康効果が発見されたため、近年では現代人の生活に完全に定着したエナジードリンクの多くに含まれる原料として、一気に知名度を上げ有名になっています。

ガラナに含まれる成分

ガラナには以下のような成分が含まれています。

ガラニン

ガラニンはガラナに含まれる天然のカフェインです。コーヒーの約3~4倍もの含有量があります。

カフェインは精神的な持久力や注意力を上げてくれますが、ガラニンはカフェインとは違い神経を刺激せず、徐々に身体からも放出されるため、ゆっくりと長続きする刺激性を得られるとされています。

カフェインは吸収されてから5分ほどで効果が出るのに対し、ガラニンは2時間以上かけて身体に吸収され、その効果も長いことが分かっています。

サポニン

ガラナにはマメ科の植物に多く含まれるとされるサポニンが含まれています。サポニンは抗酸化作用や血流改善などの様々な健康効果が発見され注目を集めている健康成分ですが、ガラニンが長く効果を持続できるのもサポニンが重要な役割をもつためです。

それはサポニンが水に溶けにくいという性質があることと、ガラニンがサポニンと結合する特性があるため、吸収速度が弱まることで効果が持続するというものです。

テオブロミン、テオフィリン

テオブロミンはチョコレートの原料になるカカオに多く含まれるカフェインに似た成分です。

かつては循環器系の動脈硬化症、狭心症、高血圧の治療に用いられ、現在でも血管拡張、中枢神経刺激、利尿といった作用で利用されています。

テオフィリンは茶葉などにも少量含まれる成分です。強力な気管拡張作用があるため、気管支ぜんそくや気管支炎の治療で用いられることもあります。

そのほかの成分

ガラナにはワインや茶に含まれ、渋みを出す成分として有名なタンニンも含まれています。殺菌、メラニンの増殖に対して有効だとされています。

ほかにも緑茶などで知られているカテキンが含まれています。カテキンは血糖値の上昇や脂質の吸収を抑えてくれます。

ガラナの効果

ガラナに含まれる主要成分のガラニンには、利尿作用や交感神経の活性効果があり、脳が覚醒しアドレナリンが分泌されることで、ストレスの緩和、集中力アップなどの健康効果を発揮します。

サポニンやタンニンには抗酸化作用、免疫力向上、血管壁のコレステロールの除去の効果があり、これらは生活習慣病の予防、デトックス、アンチエイジングといった効能につながります。

サポニンと、同じくガラナに含まれるテオブロミンには毛細血管拡張効果もあり、血流不足からくる勃起力の向上にも効果が期待できます。サポニンにはそのほか肝機能を高める効果も確認されています。

近年ではこれらの効果に加え、さまざまな科学的研究で多くの効能が発見されています。1989年には血液中の血小板の凝固を抑制する働きが見つかっています。これにより昔から先住民が心臓の働きを強めたり、血の流れを良くするとした効果が立証されました。

同じく昔から頭痛や片頭痛には効果があるとされてきましたが、1997年の研究で鎮痛効果が発見されたことで、頭痛以外にも、腰痛や神経痛といった症状を和らげる効果があると確認されています。

また、同じく1997年のマウスを使った実験で、肉体的な運動能力の向上と、記憶を保つ記憶保持力の向上効果が見つかり、健忘症の防止効果が立証されています。

1998年の実験では、過度に引き起こされた低血糖症の抑制効果が確認されています。

さらにこのほかにも、下痢の治療、マラリアの予防、食欲抑制、血中脂質の低減、がん細胞を小さくしたり死滅を促進させたり、がん細胞の攻撃からDNAを守る効果も確認され、非常に多くの効果が研究によって見つかり、現在も様々な健康分野で効果が発見されています。

ガラナが必要な人

・集中力を高めたい
・ストレスを抱えている
・もの忘れがひどい
・頭痛、腰痛などの痛み
・疲れている
・精力増強
・ED(勃起不全)
・生活習慣病
・アンチエイジング
・食欲を抑えたい(ダイエット)
・メタボリックシンドローム

ガラナの摂取

ガラナは近年エナジードリンクなどの栄養ドリンクで摂ることが最も一般的となっています。その他サプリメントに含まれていることも多く、これらから摂取する方法もあります。

目安量

ガラナも他の天然成分と一緒で、多量に摂るからといってより健康になるものではありません。飲料やサプリメントそれぞれに規定される1日の摂取量を守りましょう。

ガラナ種子粉末なら治療目的で1日に約1~5gの摂取量が目安といわれています。

ガラナはコーヒーよりも多くカフェインが含まれていますが、カフェインを基準に考えると、成人で1回200mg、1日だと400mg、妊娠中の場合は1日200g未満までが安全とみなされています。

ガラナ1gはカフェイン40mgに相当するとされているので、1回5g以内、1日10g未満、妊娠中の場合は1日5g未満が目安となります。

効果的な飲み方

ガラナを効果的に摂る場合、現在ではサプリメントで摂ることがもっとも有効です。また、エナジードリンクや栄養ドリンクでも手軽に補うことができますが、糖類をはじめ、必要以上の栄養素を摂ってしまう可能性があります。

ガラナ種子の粉末を飲む場合はそのままで飲むことはあまりなく、ジュースなどに混ぜたり、カプセルに入れて飲む方法が取られます。

ガラナの副作用

ガラナはFDA(アメリカ食品医薬品局)で、適切な使用量での安全性が認められており、副作用が報告された例はありません。

ただし、ガラナに含まれるカフェインに関しては過剰摂取に注意する必要があります。

カフェインに関しての副作用として、不眠、吐き気、嘔吐、下痢、不整脈、けいれんといった症状が出る場合もあります。

ガラナの注意点

高血圧、過敏性心血管疾患、心臓病、潰瘍、糖尿、腎疾患、甲状腺中毒症、不安神経症といった症状の人はカフェインの過剰摂取が厳禁だとされています。

カフェインやキサンチンに対するアレルギー反応がある人も、アナフィラキシーショックを受ける可能性があり使用できません。

また、ワルファリンなどの血液凝固阻止剤とは相互作用があり、MAO抑制剤との併用では頭痛などが起きる可能性があります。

不整脈、精神疾患、胃潰瘍、消化管閉塞の人の使用は厳禁です。妊婦や授乳期間中の女性は使用量に注意したり、人によっては使用を控えたほうが良いとされています。

ガラナが含まれている商品一覧

ガラナが成分に含まれている人気の媚薬やサプリメントをご紹介します。

■ガラナが成分に含まれている人気の媚薬

  • チョコレートラブDX

    チョコレートラブDX

    チョコレートラブDXは「愛情ホルモン」とも呼ばれるオキシトシンを配合し、興奮を高めたり、性欲アップ、さらには血行促進など男女ともに効果の期待できる媚薬です。
    またリラックス効果のある成分も配合され、愛情の向上やストレス軽減、精神安定といった効果を利用したさまざまなシーンでお使いいただけるので、たいへん人気です。

    チョコレートラブDX

■ガラナが成分に含まれている人気のペニス増大サプリメント

  • メガマックスウルトラ

    メガマックスウルトラ

    メガマックスウルトラは、メガマックスプロに男性に有効な4つの成分を新たに加えたペニス増大サプリメントです。
    天然の媚薬といわれる成分や血管拡張作用を持つ成分がさらに追加されたことで、よりパワーアップした効果を確かめていただけます。
    もちろん従来のペニスのサイズアップ、精力アップ、疲労回復といったさまざまな効果にも期待できます。
    男性器のコンプレックスを解消したい人に向いています。

    メガマックスウルトラ

参考サイト:
ガラナ-Wikipedia

ED治療薬局の嬉しい取り組み