×
上へ戻る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

更新日:

媚薬の作り方

媚薬の作り方

媚薬は気分をムラムラさせる、好きな人をメロメロにするといった怪しげなイメージがつきもの。でも媚薬には、性欲を高めたり、感度をアップさせるといった効果がちゃんとあるんです。

そして実は、媚薬はアダルトショップや通販サイトで購入する以外にも、身近な食材を使って手作りできることを知っていますか?

媚薬はナイトライフを盛り上げるアイテムとしては欠かせないもの。そんな媚薬の作り方を紹介していくので、ぜひ参考にされてください。

ちなみに作る手間を省いてすぐに媚薬を試したい人は、販売されている媚薬を使ってみてください。当サイトでも様々なタイプの媚薬を取り扱っているので、気になる媚薬があれば手軽に試せます。

 

 

本格的な媚薬の作り方

媚薬には昔から各地に伝わるものや、定番と呼ばれるものが存在します。身近な材料でも本格的な媚薬が作れるので、ここでは手作りできる媚薬について紹介します。

好きな人を振り向かせたい、いつもよりも刺激的な夜をパートナーと楽しみたい人は、ぜひ気になる媚薬を作って試してみてください。

白媚薬

白媚薬

手作りの媚薬で非常に有名かつ定番なのが、とても手軽に作れる白媚薬。
簡単に手に入る材料で作ることができ、「美味しそうだったから作ってみた」という人が多い手作り媚薬の1つです。

白媚薬には気になる本命相手を惹きつける、複数の相手にアプローチを受けるといった効果があるとされています。

【材料】
・オレンジジュース:100cc
・赤ワイン:小さじ1杯
・塩:少々


【作り方】
①グラスを用意する。
②オレンジジュース⇒赤ワイン⇒ラズベリージャム⇒塩の順番でグラスに加える。
③全ての材料を加えて混ぜれば完成。

  

【飲み方】
①好きな人を想いながら一口目を飲み、「ビーナスキューピット、エロスよ、友よ」と唱える。
②二口目を飲み「あなたの助けを、私の願いを叶えたまえ」と唱える。
③三口目を飲み「我が愛、真実の愛をあなたに、我が愛する人を私に与えたまえ」と唱える。
④四口目で残りの白媚薬を全て飲み干す。

イシュタルの秘密の媚薬

イシュタルの秘密の媚薬

イシュタルの秘密の媚薬は、性愛に絶大なチカラを誇る女神として崇拝されていた、古代メソポタミアの金星の女神イシュタルが由来となっている媚薬です。

この媚薬を付けることで、気になる人と濃厚な関係になることができるとされています。

イシュタルの秘密の媚薬は金曜日の深夜に呪文を唱えながら作るので、本格的な媚薬を作ってみたいという人はぜひ挑戦してみてください。

【材料】
・お湯:適量
・バニラビーンズ:6個
・赤いバラの花びら:6枚
・シナモンスティック:1本


【作り方】
①お湯の中にバニラビーンズと花びらを入れる。
②シナモンスティックでお湯をかき混ぜながら「サチュロス・ヴォルグ・ギルブ」と呪文を唱える。
③呪文を唱え終わったらシナモンスティックをお湯の中に入れる。
④煮詰まったら材料を取り出し、お湯を瓶に詰めたら完成。


【使い方】
首筋、手首、性器周辺に、コロンのように少量付けるだけでOK。

中国式媚薬

中国式媚薬

天然の材料で作られる中国式媚薬は、かつての中国皇帝たちも飲んでいたといわれています。

この媚薬は異性を惹きつける香りがあり、幸せな気分を高めるとされています。


【材料】
・ナンテンの葉:4g
・クラリセージ:2g
・サンダルウッド:3g
・シャクハゲの花:2g


【作り方】
お湯を沸騰させ、全ての材料を入れて5~10分煮れば完成。


【飲み方】
完成した媚薬を、お茶のようにして飲むこと。

ジプシーの媚薬

ジプシーの媚薬

ジプシーとはヨーロッパを中心に点在する、音楽や踊り、占いなど独自の文化を持つ民族です。

そんなジプシーが生み出した媚薬は、好きな人を振り向かせるおまじないの一種として広まっています。


【材料】
・赤ワイン:適量
・ミネラルウォーター:適量 (※赤ワインと同量)
・ナツメグ:少量
・フェンネル:3粒
・シナモン:ひとつまみ


【作り方】
①赤ワインとミネラルウォーターを鍋に入れて火にかける。
②沸騰しないよう注意しながら、ナツメグ・フェンネル・シナモンを加える。
③右回りにかき混ぜながら、好きな人を想い名前を唱え続ける。
④気持ちが高まったら布でこし、瓶に入れれば完成。


【※注意点】
ジプシーの媚薬はルールを守って使用する必要があるため、以下のルールを必ず守ってください。

ルール①媚薬を作る時は、好きな人を想いながら作ること。
ルール②媚薬を作っている姿は、誰にも見られてはいけない。
ルール③媚薬の1滴以上の使用はNG。
ルール④相手が媚薬を口にしたのを確認したら、残りの媚薬はその日の夜のうちに土に流す。

白ワインの媚薬

白ワインの媚薬

ヨーロッパのトリスタン伝説に登場する愛の媚薬。それが白ワインの媚薬です。

トリスタン伝説の中では、想い合ってはいけない男女が誤ってこの媚薬を飲んでしまい、愛し合う話が描かれています。

気になる人と相思相愛になりたい、と願っている時に作ってみるといいかもしれません。また、ワイン好きな人にとってはワインを楽しみつつ、愛を盛り上げることができる最高の媚薬です。


【材料】
・高価な白ワイン:950ml
・砂糖:450g
・シナモンの樹皮:30ml
・レモン:4分の1個
・白コショウの実:2粒
・ナツメグ:少々


【作り方】
全ての材料を混ぜ合わせて、しばらく置いた後に3~4回布でこせば完成。


【飲み方】
特に決まりはないので、ワイン感覚で飲んでOK。


【※注意点】
使用する白ワインの量がかなり多いので、飲みすぎないように気を付けてください。

・ワイン1本の量:750ml(グラス約6~7杯分)

手作り媚薬にプラスできるフェロモン香水

ボトルに入った香水

身近な材料で作ることができる媚薬。その媚薬にプラスして、さらに効果を高められるのがフェロモン香水です。

何気ない日常で「あ、良い香り」と感じた相手がいると、思わずハッとしませんか?

フェロモン香水は、その思わず惹きつけられるといった本能的な魅力を引き出してくれます。

フェロモン香水には、人の体の中で生成されるフェロモン成分が含まれていて、普通の香水とは異なります。フェロモン成分は異性が嗅ぐと性的な興奮を感じるとされ、相手を惹きつける効果が期待できます。

人は本能的にフェロモンを察知するので、フェロモン香水を使うことで、手軽に自分の魅力を高められます。それに「フェロモン香水をつけている」という事実が自信に繋がり、いつもよりも積極的に、気になる相手にアプローチできるきっかけにもなります。

そんなフェロモン香水は手作り媚薬と一緒に使えば、体の内側と外側の両方からあなたの魅力をアップしてくれます。もちろん日常使いもできるので、愛用者も多いです。

フェロモン香水は、ほのかな香りのものも多いので、普段使っている香水に混ぜて使っている人もいます。少しでも気になる人は、ぜひ自分の好みのフェロモン香水を見つけて試してみてください。

身近な食材を使った媚薬の作り方

身近にある食材にも、媚薬効果を期待できるものがたくさんあります。ここでは媚薬効果に期待がもてる食材と、その食材を使った媚薬の作り方を紹介します。

チョコレート

チョコレート

昔から恋の媚薬といわれ、バレンタインなどイベント毎にも欠かせないチョコレート。

チョコレートは口にすると、人が恋をした時に分泌されるときめきホルモン、フェニルエチルアミンが分泌されます。また、幸福感を感じることができる快楽物質、エンドルフィンも分泌されます。

他にも、自律神経を整えリラックス効果のあるテオブロミンや、抗酸化作用のあるポリフェノールなど健康に良い成分がたくさん含まれています。

媚薬効果が高いとされているのは、カカオが70%以上含まれているチョコレートなので、効果を期待する人はカカオ70%以上のチョコレートを選ぶようにしてください。

☆チョコレートを使った媚薬レシピ

【材料】
・カカオパウダー
・デーツ
・ココナッツオイル
・アガベシロップ
・ナッツまたはドライフルーツ


【作り方】
①カカオパウダー・デーツ・ココナッツオイル・アガベシロップを混ぜ合わせる。
②砕いたナッツ、または刻んだドライフルーツを加える。
③型に流し、冷蔵庫で冷やして固めれば完成。

レモンと人参

レモンと人参

レモンに含まれるビタミンCと、ニンジンに含まれるベータカロチンを一緒に摂ると、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌を促し、女性の性欲が高まるとされています。

☆レモンと人参を使った媚薬レシピ

【材料】
・塩レモン:半月スライス2~3枚
・人参:半分
・酢:小さじ2分の1
・オリーブオイル:大さじ1
・レーズンまたはナッツ


【作り方】
①ニンジンを細切りにする。
②塩をかけて3~5分置く。
③水で洗って水気を切る。
④塩レモンを細かく刻む。
⑤水気を切ったニンジンに刻んだレモンを混ぜ合わせる。
⑥冷蔵庫で30分~1時間程度なじませる。
⑦レーズンまたはナッツをかけて完成。

ニンニク

ニンニク

ニンニクには血行を促進する成分、アリシンが多く含まれていて、精力をアップするといわれています。

また、全身の血流が良くなることで、刺激により敏感になったり、勃起力をサポートしてくれる役割もあります。

他にもペニス増大サプリに含まれる亜鉛やアルギニンが含まれているため、全身の疲労回復効果にも期待がもてます。

☆ニンニクを使った媚薬レシピ

【材料】
・ニンニク:1欠
・砂糖:大さじ1
・100%オレンジジュース:適量
・5~10%度数のアルコール:適量


【作り方】
①ニンニクに砂糖とお湯をかけて5分置く。
②ニンニクを潰し、オレンジジュースとアルコールを加えてよく混ぜれば完成。

はちみつ

はちみつ

はちみつにはビタミンB群が豊富に含まれていて、男性ホルモン(テストステロン)の生成を促進し、女性のバストアップ効果にも期待がもてるとされています。

また、はちみつのあの魅惑的な香りには、リラックス効果があります。

余談ですが、ハネムーン(honeymoon)の由来は、ヨーロッパの新婚夫婦が毎晩はちみつ酒を飲んで子作りに励んだことからきているそうです。

☆はちみつを使った媚薬レシピ

【材料】
・赤ワイン:1カップ
・はちみつ:適量
・しょうが:少量


【作り方】
全ての材料を混ぜ合わせれば完成。


【※ポイント】
はちみつを使った媚薬を飲む時は、温めてホットワインにすることがオススメです。
全身の血行を促進し、さらに効果を高めるといわれています。

りんご

りんご

昔から赤い食べ物には性的欲求を高める、発情させる効果があるといわれています。

りんごもその1つで、りんごに含まれるフロリジンという成分が女性ホルモンと似た構造をしていることから、摂取すると性的欲求が高まる・濡れやすくなるといったデータが報告されています。

☆りんごを使った媚薬レシピ

【材料】
・りんごジュース:100cc
・赤ワイン:小さじ1
・ジャム(いちごやラズベリーなど):小さじ1


【作り方】
グラスにりんごジュース⇒赤ワイン⇒ジャムの順に加えて混ぜれば完成。

パクチー(コリアンダー)

パクチー(コリアンダー)

パクチーは茎や葉の部分がパクチーと呼ばれ、香草としてよく料理に使われています。また、種子の部分はコリアンダーと呼ばれ、主に香辛料として使用されることが多いです。

そんなパクチー(コリアンダー)には、体内の気や血行を良くするデトックス・アンチエイジング効果があります。

さらに、パクチーが持つ独特な香りには催淫作用があるとされ、中世ヨーロッパでは惚れ薬として使われてきた歴史があります。

☆パクチーを使った媚薬レシピ

【材料】
・果物:適量(お好みで)
・パクチー:適量 (お好みで)


【作り方】
好きな果物とパクチーをミキサーにかければ完成。

☆コリアンダーを使った媚薬レシピ

【材料】
・コリアンダー:7粒
・白ワイン:1リットル


【作り方】
①コリアンダーをすり潰し「あったかい実、あったかい心、ずっと仲よくしてね」と3回唱える。
②すり潰したコリアンダーに白ワインを入れて混ぜ、10分ほど置いたら完成。

ザクロ

ザクロ

ザクロの実は美容効果が高く、酸化防止・血行促進効果があるといわれています。

また、ザクロの種には女性ホルモンのエストロゲンが含まれているので、摂取すると生理前後に似た状態となって、女性の性欲を誘発するといわれています。

他にもむくみ解消やアンチエイジングなど、女性に嬉しい効果がたくさんあります。

☆ザクロを使った媚薬レシピ

【材料】
・ザクロ:3コ
・グラニュー糖:350g


【作り方】
①ザクロの実を取り出し、グラニュー糖と混ぜ合わせる。
②混ぜ合わせた材料を密閉できる容器に入れる。
③日の当たらない場所で1~2日保管する。
④保管後、混ぜてみてグラニュー糖が溶ければ完成。


【飲み方】
水や炭酸、ジュースで割って飲んだり、アイスやかき氷にかけてデザートとして使うこともできます。使いきれずに余った媚薬は、冷蔵庫で保管するようにしてください。

豆乳

豆乳

豆乳は女性ホルモンを活性化させ、性器の状態を整えたり伸縮性がアップするので、セックス時のパフォーマンスを高めるといわれています。

また、豆乳には大豆イソフラボンが豊富に含まれているため、若々しさを保つ・生活習慣病を防ぐ・更年期の症状を緩和するなど、たくさんの嬉しい効果があります。

☆豆乳を使った媚薬レシピ

【材料】
・調整豆乳:200ml
・甘酒:大さじ2
・ショウガ(すりおろし):適量


【作り方】
①豆乳と甘酒をマグカップに入れる。
②600Wのレンジで1分半(90秒)温める。
③ショウガを入れて混ぜれば完成。

媚薬効果を秘めた食べ物

媚薬としての特別な作り方がある訳ではないですが、食べることで媚薬のような効果があるといわれている食べ物を紹介します。

トリュフ

トリュフ

ヨーロッパではトリュフを食べると性欲が増し、ムラムラした状態になるといわれています。

しかし鮮度が落ちたトリュフでは効果がなくなってしまうため、媚薬の効果を期待するなら、鮮度の高いトリュフを食べる必要があります。

ただし、トリュフは高級食材なので、いつでも手軽に食べられる物ではないのが残念な点です。

サフラン

サフラン

サフランは昔から調味料や染料として使われ、媚薬としても用いられてきました。

そんなサフランの匂いには、催淫剤としての効果があるとされています。匂いを嗅ぐことで血液に作用し、全身の代謝を高めて生殖器を活性化します。また、安眠効果も期待できます。

サフランの良い点は、たくさん摂らなくても少量で効果があるとされていること。そのため、サフランライスやパエリアを食べることで、手軽に媚薬の効果を体感できるかもしれません。

ナマコ

ナマコ

ナマコは食べると精力をアップさせ、滋養強壮効果があるとされています。

中国では「海参」と呼ばれ、海の朝鮮人参といわれるほど豊富な栄養素を含み、下半身強化にも期待がもてることが由来となっています。

ナマコは居酒屋のメニューで見かけることもあるので、好きな人と一緒に食べることで、距離を縮めることができるかもしれません。

バニラエッセンス

バニラエッセンス

バニラの甘い香りには、催淫効果や異性を惹きつける効果があるとされ、昔から世界中の民間療法で用いられてきたといわれています。

また、バニラの香りの中には微量の男性ホルモンが含まれているため、それに女性が引き寄せられるといった説もあるようです。

催淫効果だけでなく、体の抵抗力を高めてくれる効果もあるので、デザートを食べる時にはバニラを使用したデザートを選んでみると、嬉しい効果があるかもしれません。

ハーブティー

バニラエッセンス

ハーブティーは飲むことでリラックス効果や安眠効果を得られますが、ハーブの中には媚薬のような効果があるといわれるものがあります。

特にセイロンやジャスミン、キャラウェイシードなどの香りには、人を惹きつける効果があるとされています。

ハーブティーは飲むだけでも体を温めることができますが、ショウガを加えることで血行を促進し、より高い効果を得ることができます。ハーブティーを飲む時は、香り・味を楽しんで媚薬の効果を期待してみてください。

まとめ

本格的な媚薬の作り方から、身近な食材で作れる媚薬、そして媚薬の効果が期待できる食べ物について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?

意中の相手がいる人は、媚薬を試してみるのも1つの方法です。カップルの人達は2人で一緒に媚薬を作ったり、使うことでいつもとは違った濃厚で興奮する時間を楽しめるかもしれません。

また、媚薬は食べ物だけでなく、飲むタイプや塗るタイプ、香水タイプも存在します。媚薬に興味がある人は、ぜひ気になる媚薬を作ったり、試してみてください。

ED治療薬局の嬉しい取り組み