×
上へ戻る
更新日:2018/05/21

アストラゼネカ

アストラゼネカ社の概要

企業名 AstraZeneca
本拠地 イギリス:ケンブリッジ
創業年 1974年
創業者 パスカル・ソリオ
公式HP https://www.astrazeneca.co.jp/

アストラゼネカ社はイギリスのケンブリッジの中心部に本拠地を置き「糖尿病」「乳癌の治療」「高血圧症」「気管支喘息」の領域を先導している製薬会社です。

事業拠点は100ヶ国以上になり従業員も6万人近くいます。

1974年に「アイ・シー・アイファーマ(後にゼネカ)株式会社」を設立し、翌年に「藤沢アストラ株式会社」を設立しました。2000年にアストラとゼネカが合併しアストラゼネカ社が誕生しました。

アストラゼネカ社は患者さんの健康を守り人々の人生を変えるような医薬品を届けたという思いを大切に医薬品を開発しています。高い基準の論理観や誠実さを守り革新的な研究、開発、製造を行っています。そのため製品に対し「安全」「品質の管理」「有効性」「規則」を守り提供しています。

日本の医療現場では局部麻酔として、海外では早漏防止薬として使用されているのがアストラゼネカ社が開発した「キシロカインゼリー」です。胃カメラを飲む際にも使用されているほど有名な医薬品です。

アストラゼネカ社の関連商品

アストラゼネカ社では以下の製品が製造販売されています。

  • キシロカインゼリー

    キシロカインゼリー

    キシロカインゼリーは塗布した部分にだけ作用するジェルタイプの局部麻酔薬です。ジェルのため皮膚からの吸収が早く即効性もあり性行為の直前に塗布することですぐに感度が鈍くなります。亀頭や陰茎部に塗布することで一時的に麻痺させ、射精までの時間を延長させますので早漏防止薬として使用されています。少しずつ射精までの時間を伸ばすことで性行為に対し自信がつき、早漏の症状を改善していきます。

    キシロカインゼリー

ED治療薬局の嬉しい取り組み