ED治療薬局

×
上へ戻る
更新日:2020/01/23

HIV検査キット(採血)

※次回3月上旬入荷予定
効果・効能
  • HIV 検査キット
  • カテゴリ 検査キット
    HIV(エイズ)
    使用のタイミング
    持続時間
    商品到着目安 今購入すると、
    2月4日~2月11日前後(予定)
    口コミ評価 (0件/平均:0点)
    HIV検査キット(採血)
    内容量 値引率 販売価格 取得ポイント 1個あたり 購入
    1個 5%OFF 定価3,000円 2,850円 85ポイント 2,850円 在庫なし
    2個 10%OFF 定価6,000円 5,410円 162ポイント 2,705円 在庫なし
    6個 24%OFF 定価18,000円 13,680円 410ポイント 2,280円 在庫なし

    よく一緒に購入されている商品

    商品詳細

    HIV検査キットは、血液を採取して検査する、使い捨てタイプのHIV検査キットです。

    おすすめポイント!
    • 医療機関でも使われているから安心

    特徴

    ・Boson Biotech社が製造販売しているHIV(エイズ)検査キット

    ・医療機関でも使用されている

    ・自宅で簡単に検査できる

    ・1.3ミリの小さい医療用針だから痛みはほとんどない

    アイケア・HIV検査キットはこんな人にオススメ

    ・HIVに感染している疑いがある
    ・病院で検査するのは抵抗がある
    ・あまり出費したくない

    梱包内容

    HIV検査キットには以下の内容が梱包されています。
    ※ただし、梱包物の種類は変わることがありますのでご了承ください。

    ・HIV Ⅰ&Ⅱテストカード
    ・アルコールパッド1個
    ・ランセット(採血用使い捨て針)1個
    ・スポイト1個
    ・検査液1個
    ・説明書(英語・日本語)1個

    副作用

    特にありません。

    服用・使用方法

    1.採血しやすいよう、輪ゴムを指に巻きます(人差し指、中指、薬指のいずれか)

    2.石鹸で手を洗い、検査キットに付属しているアルコールパットで指を拭きます

    3.「ランセット」と呼ばれる注射針が出る先端を指に当ててボタンを押し、血を出す(少しだけチクッとします)

    4.付属のスポイトで1~2滴血液を吸い取り、テストカードに垂らします

    5.検査液を開封し、テストカードに垂らして判定します

    服用・使用時の注意点

    ・感染防止のため、複数人でランセットの使い回しはしないでください。

    ・HIV感染直後に検査しても、判別することはできません。
    最低でも2週間以上経ってから検査してください。
    ほぼ100%の正確性を求める場合は、12週間後の使用が推奨されています。

    ・使用後に体調不良や違和感がある場合は、すぐに病院で診察を受けてください。

    ・正しい検査結果が出ないことがあるため、有効期限が過ぎた検査キットは使用しないでください。

    ・二次感染の恐れがあるため、針やテストカードの処分には十分注意してください。

    使用に注意が必要な人

    HIVに感染している疑いのある人は男女関係なく使用できますが、二次感染を防ぐためにランセットの共用は絶対にしないでください。

    併用禁忌

    特にありません。

    保管方法

    ・直射日光や高温多湿を避け、室温で保管してください。

    ・子どもの手が届かないところに保管してください。

    ・正しい検査結果が出ない可能性があるため、有効期限内に使用してください。

    メーカー

    Boson Biotech 

    発送国

    香港

    HIV検査キット(採血)の口コミ

    投稿された口コミはまだありません。

    使ったときのあなたの感想を書いてみませんか?

    名前:
    年齢:
    評価:
    電話でご注文
    050-5534-6647
    ※こちらは注文専用の電話番号です。お荷物の追跡状況をご確認したいという方は問い合わせフォームよりご連絡ください。
    また、商品の効果や副作用に関しましては、薬機法の関係でお答えすることができませんので、予めご了承ください。
    メールでご注文
    メールでのご注文方法はこちらを参照ください。
    メールでの注文方法
    FAXでご注文
    FAXでのご注文方法はこちらを参照ください。
    FAXでの注文方法
    目次へ戻る